日本冷凍空調学会論文集
Online ISSN : 2185-789X
Print ISSN : 1344-4905
ISSN-L : 1344-4905
二層構造ハニカム多孔質体による流動沸騰限界熱流束の向上
牟田 明広森 昌司榊原 史起奥山 邦人
著者情報
ジャーナル オープンアクセス 早期公開

論文ID: 18-03_OA

詳細
抄録

原子炉事故時に, 原子炉容器を冠水させ容器壁外部から自然循環により緊急冷却する手法においては,高熱流束除熱技術が必須である. 一方, 飽和プール沸騰において上向き伝熱面上にハニカム多孔質体を設置することで, 限界熱流束を裸面の2 倍以上に向上させる手法が報告されているが, 実機条件, すなわち強制流動かつ下向き伝熱面においてハニカム多孔質体の効果は不明である. 特に下向き伝熱面では, 伝熱面上に大気泡が滞留しやすく限界熱流束は上向き面と比して大きく低下する. このような状況においても,限界熱流束を向上させる手法として二層構造ハニカム多孔質体による冷却手法が提案されている.以上を踏まえ本論文では, 下向き伝熱面の強制流動場において二層構造化させたハニカム多孔質体が限界熱流束に与える影響について実験的に検討を行った結果について述べる. 結果として,ハニカム多孔質体を単層構造から二層構造化させることで,下向き伝熱面の強制流動場においても限界熱流束を向上できることが明らかとなった.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 日本冷凍空調学会
feedback
Top