特殊教育学研究
Online ISSN : 2186-5132
Print ISSN : 0387-3374
ISSN-L : 0387-3374
原著
就学前の発達障害児に対する「授業参加」支援プログラムの開発と評価
石川 菜津美石塚 祐香山本 淳一
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 56 巻 3 号 p. 125-134

詳細
抄録

本研究では、次年度就学する発達障害児2名に「授業参加」支援プログラムを実施し、その効果を検討した。「就学に向けた100項目チェックリスト」を用いたアセスメントの結果、両児ともに挙手や質問に答えるなどの授業参加行動は身に付いているものの、適切な行動の生起頻度が低く、授業に関係のない逸脱行動・発言がみられる場面が多かった。そこで、本プログラムでは見通しをもたせる状況設定に加え、先生役・サポート役の役割を明確化し、あらゆる授業参加行動・発言、特に姿勢を保持する行動に対して、具体的かつ即時的に強化を与えた。その結果、両参加児の授業関連行動・発言の生起率が増加し、授業逸脱行動・発言が減少した。また、大声を出す行動や離席は、介入後のセッションではほとんどみられなくなった。さらに、社会的妥当性の評価の結果、プログラム前後で参加児の授業態度に望ましい変容がみられたことが、第三者評価からも示された。

著者関連情報
© 2018 日本特殊教育学会
次の記事
feedback
Top