糖尿病
Online ISSN : 1881-588X
Print ISSN : 0021-437X
症例報告
塩酸バラシクロビルにより急性腎不全となった糖尿病腎症2期の1症例
中村 晋内田 大学高橋 良枝龍野 一郎
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 49 巻 10 号 p. 805-808

詳細
抄録

塩酸バラシクロビルは,アシクロビルのプロドラッグでその副作用として過量投与による腎不全がある.今回,糖尿病腎症2期にて微量アルブミン尿を認める糖尿病で,塩酸バラシクロビルが原因と考えられる急性腎不全を発症した症例を経験した.症例は75歳の男性で,高血圧症と糖尿病で治療中であった.2004年8月に背部の帯状ヘルペスを発症し,塩酸バラシクロビルの内服を開始したところ急性腎不全を発症した.急性腎不全は塩酸バラシクロビルの内服中止と補液にて改善した.本症例では,もともと糖尿病腎症は2期と軽度であったが,塩酸バラシクロビルの常用量で急性腎不全を発症しており,使用する際には腎機能に注意して慎重に行う必要があったと考えられた.

著者関連情報
© 2006 一般社団法人 日本糖尿病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top