糖尿病
Online ISSN : 1881-588X
Print ISSN : 0021-437X
症例報告
メトホルミン内服中に多量飲酒により著明な乳酸アシドーシスを発症した2型糖尿病の1例
須田 健一橋本 俊彦江藤 知明
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 49 巻 12 号 p. 941-945

詳細
抄録

症例は55歳男性.2型糖尿病に対しメトホルミン内服中であった.普段より1日焼酎2合程度の飲酒習慣があった.4日間にわたるアルコール多量摂取の後,多呼吸・嘔吐・吐血を主訴に救急車にて来院,検査にて著明な乳酸アシドーシス(pH 6.850, 血中乳酸値250 mg/dl)および高度の肝腎障害を認めた.血液透析などによりアシドーシスは改善し,入院後に一過性の血小板減少および凝固能の延長を認めるも,経過に問題なく15日目に退院となった.乳酸アシドーシスは一度発症すると短時間で急激な臓器障害をきたすため,迅速な診断および治療が必要である.また,ビグアナイド剤はその優れた薬効および安価であることより多くの糖尿病患者に使用されており,これらの患者への多量飲酒の警鐘も込めて報告する.

著者関連情報
© 2006 一般社団法人 日本糖尿病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top