糖尿病
Online ISSN : 1881-588X
Print ISSN : 0021-437X
症例報告
シタグリプチン投与時に認められた出血性大腸炎の1例
大西 正芳福井 道明最上 伸一杉田 倫也長谷川 剛二北川 良裕中村 直登
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 54 巻 9 号 p. 743-745

詳細
抄録

症例は80歳男性.1999年に2型糖尿病を発症,2009年にパーキンソン病と診断された.パーキンソン病で入院中,血糖不良のためスルホニル尿素薬とシタグリプチン併用投与開始し,16日目より水様性下痢が出現した.対症療法をするが血便が出現したため絶食とし,セレギリン,レボドパ,止痢剤,整腸剤以外の全内服薬を中止した.下部消化管内視鏡にて,非特異性大腸炎と診断した.症状,炎症所見が改善したためシタグリプチンのみ再開したが翌日より発熱,下痢,炎症所見が再燃,薬剤性腸炎を疑いシタグリプチンを中止.中止後速やかに症状は改善し以後再燃なく経過した.
DPP-4阻害薬による下痢の発症機序の詳細は不明である.本症例は,DPP-4阻害薬投与が出血性大腸炎の発症に影響を与えた可能性があると考えられたので報告する.

著者関連情報
© 2011 一般社団法人 日本糖尿病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top