糖尿病
Online ISSN : 1881-588X
Print ISSN : 0021-437X
ISSN-L : 0021-437X
症例報告
ステロイド糖尿病に対してリラグルチドが奏効し,関節リウマチの改善も示唆された1例
河野 倫子野村 政壽阿部 一朗松村 祐介松田 やよい足立 雅広河手 久弥大中 佳三堀内 孝彦高栁 涼一
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 56 巻 3 号 p. 179-184

詳細
抄録

症例は74歳男性.63歳時に関節リウマチと診断され,ステロイド内服を開始.69歳時にステロイド糖尿病を指摘され,71歳時にインスリン治療を開始された.しかし血糖コントロールは不良であり,2011年5月に精査加療目的に当科入院となった.入院時,関節リウマチに対してプレドニゾロン(以下PSLと略す)7.5 mg/日内服中であり,糖尿病に対してはインスリンtotal 27単位/日投与下でHbA1c 8.1 %(以下HbA1cはNGSP値で表記)であった.グルカゴン負荷試験にてインスリン分泌能は保たれていたことより,リラグルチド投与を試みた.最終的にリラグルチド0.9 mg/日とグリメピリド3 mg/日の併用によって血糖コントロール良好となり,インスリン治療から離脱した.また,興味深いことに関節リウマチの活動性の指標であるmatrix metalloproteinase-3(MMP-3)の値が入院時356 ng/mlより187 ng/mlへ減少し,PSLも4.0 mg/日に減量された.本症例について文献的考察を加え報告する.

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本糖尿病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top