糖尿病
Online ISSN : 1881-588X
Print ISSN : 0021-437X
ISSN-L : 0021-437X
II型糖尿病における血糖コントロールとHb AIおよびHbAIC
河原 玲子吉野 正代雨宮 禎子古守 知典平田 幸正
著者情報
ジャーナル フリー

1985 年 28 巻 5 号 p. 629-631

詳細
抄録

II型糖尿病における血糖コントロールの基準にHbAIとHbAICを利用することを試みた.空腹時血糖 (FSGと略す) または食後2時間血糖とHbAIおよびHbAICを同時に測定しているものを選びコントロール良否別にこれらを対比した.コントロールexcellentとはHbAICで6%未満, HbAIで8%未満, FSGで120mg/dl未満, 2時間血糖で140mg/dl未満でこれらの値は厳格なコントロールを必要とするものに適応できる.またコントロールgoodとはHbAIC7%未満, HbAI 9%未満, FSG 140mg/dl未満, 2時間血糖180mg/dl未満でこれら4点のいずれを用いてもよく, 進行した細小血管症を有する者のコントロール基準値として適当と考えられる.

著者関連情報
© 社団法人 日本糖尿病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top