糖尿病
Online ISSN : 1881-588X
Print ISSN : 0021-437X
ISSN-L : 0021-437X
日本人NIDDMにおけるグルカゴン受容体異常 (Gly40→Ser) の検討
酒井 武則南 尚佳田丸 正明松浦 文三宮岡 弘明田中 昭恩地 森一
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 40 巻 1 号 p. 25-28

詳細
抄録

PCR-RFLP (polymerase chain reaction-restriction fragment length polymorphism) 法を用いて日本人インスリン非依存型糖尿病 (NIDDM) とグルカゴン受容体異常 (Gly40→Ser) との関連性について検討した. 日本人NIDDM患者145名と非糖尿病者265名を対象とし, 末梢血白血球より得たgenomicDNAを鋳型として本遺伝子異常を含む領域をPCR法で増幅後, 制限酵素BstEIIで消化し, 3%アガロースゲルにて電気泳動し判定した. 糖尿病, 非糖尿病例ともに本遺伝子異常を有する例は認めなかった. 以上より, 日本人NIDDM発症の原因として本遺伝子異常が関与する可能性は少ないと思われ, 糖尿病の成因における本遺伝子異常の関与は, 人種により不均一性があることが示唆された.

著者関連情報
© 社団法人 日本糖尿病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top