図書館界
Online ISSN : 2424-1717
Print ISSN : 0040-9669
ISSN-L : 0040-9669
<発表3>「ナレッジ楊浦」へのサービスと,市民に身近な「書斎」の提供 : 楊浦区立図書館における館外サービスの実践(<特集>第6回国際図書館学セミナー 全域サービス~第一線の図書館サービスをめざして~)
王 婉卿
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 60 巻 6 号 p. 421-424

詳細
抄録

楊浦区は上海の北東部に位置する,区域面積60.61km^2,人口124万人の区である。また,百年にわたる工業,大学,市政文化を持つ歴史の街でもある。2004年に上海市委員会・市政府は「楊浦区におけるナレッジイノべーションエリアの構築」という重大戦略を打ち出し,学園エリア・科学技術エリア・コミュニティエリアで構成する「三区の融合,共同発展」を核心とした理念を確立した。「ナレッジ楊浦」によって市民の教養も同時に向上させるため,楊浦区委員会・区政府は「楊浦市民教養の向上及びナレッジ楊浦七年計画」を制定した。図書館は公共文化サービスの中心として,社会教育の役割を担っている。楊浦区図書館は「ナレッジ楊浦」の構築にあたり,積極的に新しいサービスの場を求め,延伸サービスを展開し,サービス内容を充実させてきた。例えば,メニュー式の注文配送,個別化選択配送,テーマ別講座,読書キャンペーンなど,利用者に受け入れられる企画を打ち出して,「ナレッジ楊浦」に貢献すると同時に,市民に身近な「書斎」を提供している。

著者関連情報
© 2009 日本図書館研究会
前の記事 次の記事
feedback
Top