富山救急医療学会
Online ISSN : 2434-8457
Print ISSN : 2185-4424
一般演題
富山ドクターヘリの実績と予後評価
谷 昌純松井 恒太郎渕上 貴正大鋸 立邦水田 志織橋本 優藤井 真広菊川 哲英打越 学天野 浩司若杉 雅浩小倉 憲一
著者情報
キーワード: ドクターヘリ
ジャーナル フリー

2018 年 36 巻 1 号 p. 12-

詳細
抄録

 富山県ドクターヘリは平成27年8 月24日より運行が開始され3 年が経過した。消防機関、受け入れ病院のご協力により要請件数も順調に伸びている。また個々の症例では心停止の患者が救命でき機能的に問題なく社会復帰されている劇的救命の症例も経験した。ドクターヘリの効果は計り知れない。しかし、これを統計学的に証明することは比較対象がないために非常に困難である。今回3 年間の実績とその効果を測るために現在富山県ドクターヘリが行っている予後評価法をお示しする。提示する予後評価法は岡山県で行われていた予後評価法を一部改正した形で集計した。予後評価における今後の問題点と課題を挙げる。

著者関連情報
© 2018 富山救急医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top