運輸政策研究
Online ISSN : 2433-7366
Print ISSN : 1344-3348
研究
産業連関および港湾・道路整備を考慮した地域別の産業立地ポテンシャルの分析
國田 淳水谷 誠牧 浩太郎土谷 和之上田 孝行
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 10 巻 4 号 p. 033-040

詳細
抄録

本研究では,交通インフラの整備の進展が産業立地構造にどのようなインパクトを与えるかについて分析を行った.具体的には,港湾・道路等の交通インフラの整備がもたらす輸送コストの削減に焦点を当て,主にこの輸送コストから地域別の生産額の変化を説明するモデル(産業立地ポテンシャルモデル)を構築した.これにより,将来の港湾,道路等の交通インフラの整備が今後の産業立地構造に与える影響を分析でき,物流ネットワーク整備のあり方や産業立地政策の検討にあたり大いに参考になると考えられる.

著者関連情報
© 2008 一般財団法人運輸総合研究所
前の記事
feedback
Top