繊維機械学会誌
Online ISSN : 1880-1994
Print ISSN : 0371-0580
ISSN-L : 0371-0580
女子学生が判定した香りと被服の適合性
(第3報)適合度の認知に及ぼす香りの好悪とイメージー致度の影響
藤原 康晴山下 伸典川端 澄子
著者情報
ジャーナル フリー

1992 年 45 巻 7 号 p. T107-T113

詳細
抄録

目的 : 香りと被服の適合性の認知とそれらのイメージの一致度との関係およびどのような種類のイメージがその一致に関与しているかを検討する.さらに, 香りと被服の適合度の認知に対して, それらのイメージの一致度と香りへの好悪がどのように影響しているかを分析する.成果 : 形容詞対11尺度を用いて測定した香り5種, 被服5種のイメージの評定平均値からなる10行11列の矩形マトリックスを入力データとして多次元尺度分析を行い, カジュアル/フォーマル, 派手/地味の二つの次元を抽出した.これらの次元から構成されるイメージ空間への香りと被服の布置状態から, フルーツ, シトラス, グリーンとジーパンは, カジュアル, 軽い, 新鮮というイメージで捉えられ, フローラル, オリエンタルとスーツ, ネグリジェは大人っぽい, 保守的なイメージで捉えられていることが分かった.次に, 適合度の認知に対するイメージの一致度と香りの好悪の影響を重回帰分析した結果, フローラルの香りに対しては, イメージの一致度だけが寄与し, その他の香りに対しては, イメージの一致度と香りの好悪の一方, あるいは両方が適合度の認知に影響していることが分かった.

著者関連情報
© 一般社団法人日本繊維機械学会
前の記事 次の記事
feedback
Top