繊維機械学会誌
Online ISSN : 1880-1994
Print ISSN : 0371-0580
ISSN-L : 0371-0580
ジーンズのイメージと評価
樋泉 俶子戸田 卯子中川 早苗
著者情報
ジャーナル フリー

1993 年 46 巻 4 号 p. T87-T92

詳細
抄録

目的 1960年代若者の間で大流行したジーンズは, ここ数年若者の間で再び流行している.しかし, 現代の若者たちはかっての60年代, 70年代の若者 (現代の中年層) とは異なった感覚でジーンズを着用しているのではないかと思われる.本研究は, このようなジーンズに対するイメージや評価について若年層, 中年層では差が見られるのではないかと考え調査を行い, 2世代別に検討を試みた.成果 ジーンズに対し, 若年層, 中年層とも, 軽快で気軽な, 活発ですっきりした, 開放的なイメージをいだいているが, 一方若年層にとってジーンズとはファッション性, 中年層にとっては個性を象徴するアイテムとしてとらえられている.因子分析の結果からは3因子 (カジュアル・落ち着き・洗練性) が抽出された.ジーンズに対する評価では, 活動性や機能性, 経済性の面において2世代ともに高い評価が得られたが, 社会性・ファッション性の面においては若年層からは肯定的な評価を, 中年層からは否定的な評価が得られた.ジーンズの着用派, 非着用派を判別する要因を数量化II類で検討した結果, 年代や職業, 服装観, ジーンズに対する評価などがおもに影響していることが明らかになった.

著者関連情報
© 一般社団法人日本繊維機械学会
前の記事 次の記事
feedback
Top