ばね論文集
Online ISSN : 1348-1479
Print ISSN : 0385-6917
熱間成形コイルばねのへたり試験法に関する研究
熱間成形コイルばねへたり試験法委員会
著者情報
ジャーナル フリー

1985 年 1985 巻 30 号 p. 150-168

詳細
抄録

コイルばねのへたり試験法であるクリーム試験, 締付試験の試験方法, 条件は一定していない. その共通化をはかるためのステップとしてへたり試験の共同実験を行い次の結果を得た.
へたり測定は常用点の試験前後の変化を測定するのが良い. 試験時間は96hrが適切である. 試験温度のへたりへの影響, 両試験のへたりの相関を把握した.
耐へたり性を評価できる材料独自の試験法の開発が望まれているので3方法を調査した. それらはねじりクリープ法, ねじりリラクセーション法, ヒステリシスループ法であるが, ねじりクリープ法が精度も良く, ばねのへたりとも対応づけが可能である.

著者関連情報
© 日本ばね学会
前の記事
feedback
Top