ばね論文集
Online ISSN : 1348-1479
Print ISSN : 0385-6917
ISSN-L : 0385-6917
高強度弁ばね用浸炭窒化鋼オイルテンパー線の開発
萩原 好敏伊藤 幸生小曽根 敏夫山田 勝彦林 博昭小野田 光芳
著者情報
ジャーナル フリー

1990 年 1990 巻 35 号 p. 13-20

詳細
抄録

ばねの疲労強度の向上に顕著な効果を及ぼす浸炭窒化処理を取り上げた. 浸炭窒化の効果をよりいっそう引き出すために, 現行Si-Crオイルテンパー線よりはるかに高温で浸炭窒化処理が可能な, 耐熱性に優れた弁ばね用オイルテンパー線を開発した.
高温で浸炭窒化処理を施したばねは, 優れた性能を有していることがわかった. 最適温度で浸炭窒化処理を施したばねは, 通常の低温浸炭窒化処理を施した現行Si-Crばねの約5倍の高寿命であることを確認した.

著者関連情報
© 日本ばね学会
前の記事 次の記事
feedback
Top