ばね論文集
Online ISSN : 1348-1479
Print ISSN : 0385-6917
ISSN-L : 0385-6917
ばね鋼の機械的性質および耐へたり性におよぼす改良オースフォームの効果
伊藤 伸英大森 宮次郎安達 孝徳
著者情報
ジャーナル フリー

1990 年 1990 巻 35 号 p. 47-53

詳細
抄録

Mn-Cr系ばね鋼SUP9Aの軟化抵抗, 降伏強さ, 耐へたり性におよぼすオースフォーム効果について検討した.
改良オースフォーム材は860℃から750℃の温度範囲で圧延し, 圧延後直ちに油中に焼入れした. この実験では圧下率を30-50%に変化させた. 改良オースフォーム材は, 400-700℃の焼きもどし温度範囲で通常熱処理材に比べ高い軟化抵抗, 降伏強さを示した. しかし, 伸びは通常熱処理材よりやや低くなった. 改良オースフォーム材の耐へたり性は, 同じ焼戻し温度 (500℃) または同じ焼戻し硬度 (Hv390) という条件で通常熱処理材に比べ優れている. これらの結果から改良オースフォーム処理は, ばね鋼の性能改善に有効であることがわかった.

著者関連情報
© 日本ばね学会
前の記事 次の記事
feedback
Top