ばね論文集
Online ISSN : 1348-1479
Print ISSN : 0385-6917
ISSN-L : 0385-6917
太物線材用回転曲げ疲労試験機の試作
綾田 倫彦清水 正利
著者情報
ジャーナル フリー

1993 年 1993 巻 38 号 p. 47-52

詳細
抄録

線径φ8mm以下の線の耐久性を評価するために, これまでは中村式回転曲げ疲労試験機がよく用いられている。 φ8mm以上の太物線材用としては小野式回転曲げ疲労試験機が挙げられるが, 特殊な形状の試験片を作製しなければならないことや試験片を取り付けたときの軸芯精度が厳しいことなどから汎用性の点で問題がある。
そこで我々は汎用性に優れた中村式回転曲げ疲労試験機に準じて, 4点曲げによるφ8-10mmの太物線材用の回転曲げ疲労試験機を製作した。 本試験機は, 試験片加工をしないで線材のままで試験が可能なため従来の小野式回転曲げ疲労試験に比べて簡便性, 迅速性の点で優れている。
本論文では, この試験機の概要と適用例について取り上げる。

著者関連情報
© 日本ばね学会
前の記事 次の記事
feedback
Top