ばね論文集
Online ISSN : 1348-1479
Print ISSN : 0385-6917
懸架ばね用高強度Si-Cr鋼オイルテンパー線の研究
高強度線の耐久性に関する調査研究委員会懸架用ワーキンググループ
著者情報
ジャーナル フリー

1994 巻 (1994) 39 号 p. 101-130

詳細
PDFをダウンロード (10342K) 発行機関連絡先
抄録

自動車用懸架ばねは軽量化への期待が大きい部品であり, 材料の高強度化への要望が大きい。 今回の共同研究では, 現行の高強度線のみならず, 将来的な高強度化に際しての問題点の把握と対策の方向付けを行うべく評価, 検討を行った。
この結果, 材料の高強度化は耐へたり性向上に有効であるが, 耐久性の確保には更にショットピーニング等のばね製造面での配慮が必要なことを指摘した。
また, 今後問題になると思われる加工性に関しては材料段階での加工性指標の一候補としてノッチ曲げ試験を紹介した。

著者関連情報
© 日本ばね学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top