芝草研究
Online ISSN : 1884-4022
Print ISSN : 0285-8800
ISSN-L : 0285-8800
カプセル化によるシバ種子の発芽率の向上及び初期生育の促進
佐藤 節郎福山 正隆菅野 勉小田 宣人
著者情報
ジャーナル フリー

1991 年 19 巻 2 号 p. 143-147

詳細
抄録

ジベレリンを0, 5, 10, 20及び40ppm添加したアルギン酸ゲルにシバ種子を封入したカプセル化種子を作製後, ポットで25℃・光条件で14, 21及び28日間培養し, その発芽率, 草丈及び根長を種子と比較して, カプセル化がシバ種子の発芽及び初期生育に及ぼす影響を検討した。結果は以下の通りである。
1) カプセル化種子の発芽率は, ジベレリン添加濃度10ppm以上で対照区より大となり, カプセル化による発芽促進効果が認められた。特に, 20ppmにおいてカプセル化の効果が高かった。
2) カプセル化種子の草丈は, 播種後14, 21及び28日目のいずれにおいても, ジベレリンを5ppm以上添加することにより対照区より大となり, カプセル化による草丈伸長促進効果が認められた。特に20ppmまたは40ppmにおいてカプセル化の効果が高かった。
3) カプセル化種子の根長は, 播種後14及び21日目では対照区より小となる傾向があり, カプセル化による根長伸長促進効果は認められなかった。しかし, 播種後28日目のカプセル化種子の根長は対照区と同等または大となった。

著者関連情報
© 日本芝草学会
次の記事
feedback
Top