テレビジョン学会技術報告
Online ISSN : 2433-0914
Print ISSN : 0386-4227
種々の配向膜上のネマチック液晶(5CB)の方位角方向アンカリングエネルギーの測定 : 片面ラビング法を用いたLB膜の液晶分子の配向規制力の評価 : 情報ディスプレイ : 第4回日韓台情報ディスプレイ合同研究会
飯村 靖文小林 紀彦阿部 裕幸小林 駿介
著者情報
研究報告書・技術報告書 フリー

1993 年 17 巻 63 号 p. 85-89

詳細
抄録

我々はTN液晶セルにおけるねじれ角測定のための新しい光学的方法を提唱してきた。この測定方法をポリイミドLB膜により配向された5CB液晶の方位角方向アンカリングエネルギー測定に応用し、方位角方向アンカリングエネルギーの値として、累積条件により2〜10×10^<-6>N/mの値を得た。この方位角方向のアンカリングエネルギーの値は、従来知られている極月方向アンカリングエネルギーに比べて一桁から二桁低い値である。

著者関連情報
© 1993 一般社団法人映像情報メディア学会
前の記事 次の記事
feedback
Top