テレビジョン学会技術報告
Online ISSN : 2433-0914
Print ISSN : 0386-4227
正弦波記録におけるキャリア近傍ノイズとスペーシング : 磁気記録系の再生過程の一解析 : 画像情報記録
上條 晃司松井 利行
著者情報
研究報告書・技術報告書 フリー

1994 年 18 巻 30 号 p. 23-30

詳細
抄録

磁気記録系において記録密度に大きな影響を与えるパラメータとして媒体ヘッド間のスペーシングがある。従来,実勢の磁気ヘッドを用いてスペーシングを測定することは出来なかった。そこで,再生過程におけるスペーシング変動により発生するキャリア近傍ノイズを詳細に測定することで,スペーシングが測定できると考えた。テープ表面変動に起因するスペーシング変動を考慮した再生理論式からキャリア近傍ノイズを導出してスペーシングとの関係を明らかにし,単一正弦波再生信号からスペーシングを求める方法を導いた。本測定方法を用いて種々のテープに対してスペーシングを測定した結果,スペーシングとテープR_<rms>の関係,および同時に測定できる再生エンベロープとスペーシングの関係を明らかにすることが出来た。

著者関連情報
© 1994 一般社団法人映像情報メディア学会
前の記事 次の記事
feedback
Top