テレビジョン学会技術報告
Online ISSN : 2433-0914
Print ISSN : 0386-4227
磁気記録媒体における粒子間相互作用磁界 : 画像情報記録
竹尾 昭彦田河 育也中村 慶久
著者情報
研究報告書・技術報告書 フリー

1994 年 18 巻 30 号 p. 31-38

詳細
抄録

磁性体内での粒子間相互作用は、磁気言己録媒体において記録特性、特にノイズとの関わりが問題となっている。筆者らは,これまで,平均相互作用磁界(Mean Field)の数値解析やVSMによるMean Fieldの測定法について検討を重ねてきた。しかし,媒体に記録磁化パターンが書き込まれた際の相互作用を解析するためには,Mean Fieldによる近似無しに直接各粒子に加わる相互作用磁界を調べる必要がある。そこで,媒体内の粒子の形状,サイズ,間隔を自由に設定できる媒体磁化挙動のシミュレーションモデルを作成し,今回は,M-H曲線における粒子間相互作用磁界の影響について検討した。その結果,粒子間の間隔が短くなると相互作用磁界が強くなり,媒体のHcが増加することがわかった。また,粒子間の交換相互作用が極めて弱い微粒子性の面内等方配向媒体でも,磁化反転が集団となって生じることが明らかとなった。

著者関連情報
© 1994 一般社団法人映像情報メディア学会
前の記事 次の記事
feedback
Top