テレビジョン学会技術報告
Online ISSN : 2433-0914
Print ISSN : 0386-4227
画像処理を用いたクラスターヘッドにおけるヘッド・テープインタフェースの検討 : 画像情報記録
海老原 毅大坪 康郎高橋 忠久保田 裕二
著者情報
研究報告書・技術報告書 フリー

1994 年 18 巻 56 号 p. 1-6

詳細
抄録

ディジタルVTRでは複数ヘッドに信号を分割して記録再生することが行われる。また、複数ヘッドはクロストークの低減や組立性を容易にするために近接配置(クラスター化)されることが多い。クラスター化されたヘッドにおける各ヘッドとテープとの接触状態を明確にするため、各ヘッドを透明ヘッドで構成し、テープとの間で得られる干渉縞画像を画像処理することにより複数ヘッドでのテープとの接触状態を同時に観測できるシステムを構築した。これを用い、クラスターヘッドにおける各ヘッドでのテープとの接触状態に及ぼすヘッド突出量やテープテンションの影響を明らかにした。

著者関連情報
© 1994 一般社団法人映像情報メディア学会
前の記事 次の記事
feedback
Top