植生学会誌
Online ISSN : 2189-4809
Print ISSN : 1342-2448
原著論文
山火事跡地に実生が顕著な種の種子発芽に対する培養途上の加熱の効果
叢 敏菊池 多賀夫
著者情報
ジャーナル フリー

15 巻 (1998) 1 号 p. 1-5

詳細
PDFをダウンロード (575K) 発行機関連絡先
抄録

山火事跡地の先駆植物として,種子から発芽して来る代表的な種のうちヒヨドリジョウゴ,ヒメコウゾ,ヨウシュヤマゴボウ,ノブドウ,ヤマブドウ,サルトリイバラ,オオイヌタデ,ツユクサ,サンショウ,モミジイチゴ,クマイチゴ,ニガイチゴについて,一旦発芽培養を行って発芽するものは発芽させ,その後,未発芽で残った種子に対する加熱発芽反応を調べた.その結果,ヒヨドリジョウゴ,ヒメコウゾ,ヨウシュヤマゴボウ,ノブドウ,ヤマブドウ,サルトリイバラに加熱による発芽促進効果が見られた.このような発芽特性は乾燥保存種子の特性とは異なる独自のものであり,湿潤気候に適合する特性であることが示唆された.

著者関連情報
© 1998 植生学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top