J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

植生学会誌
Vol. 31 (2014) No. 1 p. 95-103

記事言語:

http://doi.org/10.15031/vegsci.31.95

短報

1.多摩川扇状地の農業水路における水生植物の分布の現状を知るため,多摩川水系から取水している12水系で調査をおこない,分布図を作成した.
2.調査の結果,外来種3種を含む15種の水生植物が記録された.うち9種は,国または都のレッドリストに掲載された保全上重要な種であった.
3.那須扇状地と同程度の種数が生育していたことから,都市化が進んだ多摩川扇状地においても,農業水路は地域の水生植物相の維持に大きく寄与していると考えられた.
4.分布パターンは種によって異なり,その違いには,栄養繁殖様式の違い,水系間の散布制限,湧水への依存度などが関係していると考えられた.

Copyright © 2014 植生学会

記事ツール

この記事を共有