植生学会誌
Online ISSN : 2189-4809
Print ISSN : 1342-2448
短報
与那国島における湿地植生の現状と38年間の変化
藤村 善安仲宗根 忠樹徳江 義宏城野 裕介
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 35 巻 2 号 p. 109-116

詳細
抄録

1. 近年の調査報告が少ない沖縄県与那国島の湿地植生を記載するとともに,過去の記録と比較して,どのような変化が生じたかを明らかにした.

2. 調査の結果,過去に記録された7群落に加え,新たに5群落を記録した.これら新たに認められた群落の多くは,かつて水田であったが,現在牧場となっている場所,あるいは放棄水田に成立している群落が主であった.

3. 外来種について,過去の記録にないものとしてパラグラスとホウキギクを認めた.また,キシュウスズメノヒエとツルノゲイトウは以前から記録のある種であるが,以前よりも増加している可能性が考えられた.

4. 1976年と2014年の土地利用を比較すると,水田面積が68%減少し,かつて水田であった場所の一部に湿地植生が成立していた.このような二次的な湿地が島内の湿地面積に占める割合は大きく,これら二次的な湿地は湿地性の外来種の生育地となるとともに,湿地性の絶滅危惧種にとっての貴重な生育地にもなっていると考えられる.

著者関連情報
© 2018 植生学会
前の記事 次の記事
feedback
Top