Venus (Journal of the Malacological Society of Japan)
Online ISSN : 2189-7697
Print ISSN : 1348-2955
ISSN-L : 1348-2955
原著
浜名湖における在来種ホトトギスガイと外来種コウロエンカワヒバリガイの初期生活史の比較
木村 妙子関口 秀夫
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2012 年 70 巻 1-4 号 p. 11-24

詳細
抄録

日本太平洋岸の汽水湖である浜名湖において,在来種ホトトギスガイと外来種コウロエンカワヒバリガイの浮遊幼生と着底稚貝の2年間にわたる高頻度の定量調査とコホート分析を行い,時間的変動を調査した。その結果,時間的変動傾向は浮遊幼生,着底稚貝とも2種間で類似していた。一方,密度は着底稚貝では大きな差がみられた。調査地点間では両種とも着底稚貝の密度は類似した傾向にあることから,2種の微小生息域の違いは加入以降に決定されると考えられた。また,コウロエンカワヒバリガイは大型個体の加入は見られているのにも関わらず,着底稚貝がほとんど観察されなかったことから,おそらく別の場所で2 mm以上の殻長に成長した後,調査地内に移動したと推察された。

著者関連情報
© 2016 日本貝類学会
前の記事 次の記事
feedback
Top