雑草研究
Online ISSN : 1882-4757
Print ISSN : 0372-798X
ISSN-L : 0372-798X
管理条件の違いが谷戸地形における水田周辺の雑草群落に及ぼす影響
根本 正之大塚 広夫
著者情報
ジャーナル フリー

2004 年 49 巻 3 号 p. 184-192

詳細
抄録

谷戸地形での雑草群落の構造的な特性とそれを維持してきた管理手法との関係を明らかにするため, 同一谷戸内にある農道, 畦畔および放棄水田内に発生した雑草の生態的特性と種間相互関係について比較検討した。
132地点の方形区から得られた119種のサンプルをTWINSPANによって分類した結果, シバ, チガヤ, オギによって特徴づけられるスタンドがそれぞれ農道, 畦畔, 放棄水田に対応していることがわかった。地上部が頻繁に破壊される農道は陣地拡大型小型雑草のシバ, シロツメクサの他, 木本類や大型雑草の芽生えもあり, 不安定なスタンドであった。また年一回の刈取りが行われた畦畔には多くの種が含まれるものの, チガヤが超優占種となり, 他種の現存量はヨモギとセイタカアワダチソウを除けば非常に小さかった。一方, 放棄水田内ではオギが優占し, それとセリ, スギナやツル性雑草が空間をすみ分けて共存していた。
雑草種の潜在的な草丈に基づく植生状態指数 (IVC) は雑草群落の持続安定性の指標となるが, 本調査地においてはその値は多様性指数と呼応していないことがわかった。

著者関連情報
© 日本雑草学会
前の記事 次の記事
feedback
Top