画像電子学会研究会講演予稿
画像電子学会 第205回研究会講演予稿
セッションID: 03-04-07
会議情報

2D映像の2D/3D変換支援
*平野 綾子椎名 達雄本田 捷夫
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

詳細
抄録

DVDの急速な普及や高精細なデジタルテレビ放送のスタートもありホームシアター市場が拡大している。これにより家庭で迫力のある映像が楽しめる時代がきた。最近では多くの企業が次世代映像システムとして立体表示装置の開発に取り組んでおり、より迫力のある映像の普及が見込まれている。これに伴い、立体映像用コンテンツの増加が不可欠となる。このような立体表示装置は少なくとも左眼用と右眼用の2視点からのシーンが要求される。新しく作る3D(立体)コンテンツは立体撮影装置で制作し、CGの場合にはクリエータが制作する。しかし既に存在する2D(平面)コンテンツを擬似的な立体映像用コンテンツに変換するのはオペレータにより手作業で行われている。これはとても骨の折れる作業である。本論文では2Dコンテンツから擬似的な3Dコンテンツを容易に半自動的にする方法を示す。

著者関連情報
© 2003 一般社団法人 画像電子学会
前の記事 次の記事
feedback
Top