画像電子学会研究会講演予稿
セッションID: 14-03-30
会議情報

SeeGroove: 可視化を介したグルーヴの学習支援
*芳賀 直樹中山 雅紀藤代 一成
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

詳細
抄録

グルーヴとは, 演奏における音のうねり, リズムのノリや一体感などを包括する大局的な音楽特徴のひとつである. よい演奏には不可欠の要素とされるものの, 自在にグルーヴを表現するためには多くの音楽経験を積む必要があるとされる. 本研究では, 様々な音楽ジャンルにおけるグルーヴを演者に効率的に理解させる可視化システムSeeGrooveを提案する. ジャンルごとに, 実際のプロの演奏より抽出されたMIDIデータが記録されており, それらと入力データとの差分を求めることによってグルーヴの程度を定量化する. 可視化に際しては, ユーザの嗜好や必要な情報に応じて, 2つの可視化モードと2通りのビューの組合せを変更することが可能である.

著者関連情報
© 2015 一般社団法人 画像電子学会
前の記事 次の記事
feedback
Top