画像電子学会研究会講演予稿
画像電子学会第281回研究会講演予稿
セッションID: 16-04-72
会議情報

日本の SF アニメにおける心情・状況演出音の 演出技法の調査と制作手法分析
*掛須 春希伊藤 彰教伊藤 謙一郎
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

詳細
抄録

映像音響演出の分野において「Atmospheric Sound」と呼ばれる類の音は,登場人物の心情や状況を表現するためにも活用されている.これらは音楽とも効果音とも言えない中間領域の音響表現が用いられているが, 演出技法には特定の概念がなく,制作手法についても系統だった調査分類などが行われてきていない.本研究では 主に日本のSF アニメに焦点をあて,00 年代以降のコンテンツを中心に 12 タイトル,83 シーンの調査を行った. これにより映像表現技法としては各種編集技法との関連が深く,音響制作技法としては不協和音や非整数次倍音をふんだんに含んだサウンドが多用されていた.さらに海外コンテンツと比較すると,電子音響の使用率の高さが顕著にみられた.

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 画像電子学会
前の記事 次の記事
feedback
Top