画像電子学会研究会講演予稿
画像電子学会第288回研究会講演予稿
セッションID: 18-03-22
会議情報

HOG特徴と線形SVMを用いたノイズが含まれる顔動画像からの口唇の検出と口内領域の認識に関する研究
*黒宮 侃熙石川 彦太平山 慎大谷 淳徐 栄堀 隆之
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

詳細
抄録

本稿では,歯科助手ロボットの実現に資する画像処理技術として,患者の口内にバキュームを挿入する動作を実現するために必要な顔画像からの口唇の検出と口内領域の認識に関する手法を提案する.具体的には,口唇検出は,HOG特徴を用いたSVMにより行う.器具挿入可能領域は,楕円で口唇を近似し,その領域に対してHSV画素値に基づくクラスタリングを行うことで認識する.実験により,口唇検出,器具挿入可能領域ともにある程度の精度を得ることができた.しかし口唇が隠れた場合,口唇検出の精度の低下が確認された.また,器具挿入可能領域の認識では,適合率に対して再現率が小さいという結果が得られた.

著者関連情報
© 2019 一般社団法人 画像電子学会
前の記事 次の記事
feedback
Top