山野研究紀要
Online ISSN : 2433-6424
Print ISSN : 0919-6323
美容と美術の共同プログラム
2016年美容・美術教員作品展示報告より
富田 知子秋田 留美下家 由起子平田 昌義山本 恵子文元 麻理香町田 喜代実八槇 達也石田 佳菜佐藤 亮太栗本 佳典菊池 信二
著者情報
研究報告書・技術報告書 フリー

2017 年 24.25 巻 p. 17-24

詳細
抄録

山野美容芸術短期大学という名称から伺われるように、本学では美容と芸術は教育内容の中心的な意味を成すものとして、扱われている。しかしながら、各授業で取り扱う教育内容の抽出と、それらを意図的につなげていく取り組みがこれまで少なかった。今回、芸術に関する美術教育と美容に関する美容技術教育を同一テーマで進める実践を試みた。「アール・ヌーボー」、「アール・デコ」というテーマに沿って、美術教育に関わる教員と美容技術に関わる教員によって作品の形に仕上げた。美術教育と美容技術教育が同じテーマで関わることで、教育的コンセンサスを得られた。また、今回教育の過程と成果を改めて教員が意識する事と学生に対し本学の美容芸術の一側面を示すという意味を含め、制作した作品を学内で展示を行った。

著者関連情報
© 2017 学校法人山野学苑 山野美容芸術短期大学
前の記事 次の記事
feedback
Top