山野研究紀要
Online ISSN : 2433-6424
Print ISSN : 0919-6323
<論文>南蛮屏風に見られる服飾表現についての一考察
村松 英子
著者情報
研究報告書・技術報告書 フリー

1998 年 6 巻 p. 67-78

詳細
抄録

桃山期の美術作品の中に,南蛮屏風がある。異国の風俗,文化を垣間見ることができるこの美術作品は,特異な服装の異国人の姿が見られる。当時世界的に,圧倒的な力を誇っていた貿易大国ポルトガルは,隣国のスペインがポルトガル王を兼ねていたという史実から,スペインの影響を受けていたということが推察できよう。さらにそのスペインは,イスラムの影響を受けていたのである。ヨーロッパにおいてこの地にだけ,実にエキゾチックな文化が花開いたことと,南蛮人の特異な服装は,イスラムの影響と複雑なイベリア半島情勢によって生まれたものであることが考察された。

著者関連情報
© 1998 学校法人山野学苑 山野美容芸術短期大学
前の記事 次の記事
feedback
Top