日本養豚学会誌
Online ISSN : 1881-655X
Print ISSN : 0913-882X
ISSN-L : 0913-882X
原著
パパイン関節内投与により誘発した豚脚弱症の臨床モデル
新井 佐知子伊東 正吾可知 真奈美杉山 稔恵楠原 征治
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 46 巻 4 号 p. 183-189

詳細
抄録

 豚の運動器疾患で多く見られる脚弱症の原因である骨軟骨症と骨関節症のモデル作成として,5%パパイン液を用いた発生試験と,その臨床症状や軟骨病変の観察を行った。体温や臨床症状は3日ほどで改善したが,軽度の跛行は14日まで観察された。しかし,軟骨の肉眼的な病変は日を追うごとに重篤化し,亀裂や糜爛などの病変の領域は広範囲になった。膝関節へのパパイン液注入の試みは,今後の骨軟骨症や骨関節症による脚弱の診断技術を確立する上で,大きな役割を果たすモデルになりえる可能性が考えられた。

著者関連情報
© 2009 日本養豚学会
次の記事
feedback
Top