日本養豚学会誌
Online ISSN : 1881-655X
Print ISSN : 0913-882X
ISSN-L : 0913-882X
スルファモノメトキシン・オルメトプリム合剤飲水投与による哺乳子豚の増体効果
永井 勝中村 好一
著者情報
ジャーナル フリー

1998 年 35 巻 3 号 p. 93-97

詳細
抄録

合成抗菌剤飲水投与による哺乳子豚の増体効果を明らかにする目的で, スルファモノメトキシンとオルメトプリム (SO) 合剤の0.2%水溶液 (6腹54頭) と対照液 (水: 3腹27頭) を子豚用飲水器を用いて1日齢から28日齢の子豚に自由飲水させ, 臨床症状, 63日齢までの増体量およびトキソプラズマ原虫, Boldetella bronchiseptica および Actinobacillus pleuropneumoniae 血清型2 (APP II) の血清抗体価を調査し比較検討した。その結果, SO合剤投与子豚では下痢, アイパッチは発現せず, 有意な増体が認められること, APP IIの陽転率が低いことが明らかとなった。それゆえ, 哺乳中の子豚への自由な合成抗菌剤飲水投与法は, 母豚由来の細菌による下痢症等を予防し, 増体させるには有用な投与法と考えられた。

著者関連情報
© 日本養豚学会
次の記事
feedback
Top