日本養豚学会誌
Online ISSN : 1881-655X
Print ISSN : 0913-882X
ISSN-L : 0913-882X
豆腐粕, パン屑主体サイレージおよびパスタ屑の給与が肥育豚の発育および体脂肪に及ぼす影響
丹羽 美次中西 五十
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 39 巻 3 号 p. 157-165

詳細
抄録

食品製造副産物の有効利用を促進するため, パスタ屑を加えた飼料およびパン屑, 豆腐粕を主体とするサイレージを調製し, これを肉豚に給与して発育増体や肉質等への影響について検討した。試験は体重約30kgのLD交雑種 (肥育試験I) および42kgのLWD交雑種 (肥育試験II) を使用し, 平均体重105kg到達までとした。供試飼料はトウモロコシ主体の対照区, パスタ屑を約40%含有するパスタ区, パン屑および豆腐粕を乾物中約76% (肥育試験I), または約90% (肥育試験II) 含有するパン屑・豆腐粕区の3区を設けた。その結果, パン屑・豆腐粕区は両試験とも対照区を超える日増体量を示し, パスタ区についても肥育試験Iでは対照区と比較して若干低い値を示したものの, 肥育試験IIではむしろ良好な発育となった。屠殺解体後の枝肉の状況では, 枝肉歩留, 背脂肪の厚さ, 肉および脂肪色等において各試験区間に有意差は認められなかった。体脂肪への影響について, パスタ区の背脂肪は飽和脂肪酸を多く含有し融点の高い脂肪となったが, パン屑・豆腐粕区では融点が低下するものの, 軟脂とされる状況ではなかった。以上のことから, 供試した副産物を主体とする飼料において, 通常の配合飼料と同等の肉豚生産が可能と考えられる。

著者関連情報
© 日本養豚学会
次の記事
feedback
Top