有機合成化学協会誌
Online ISSN : 1883-6526
Print ISSN : 0037-9980
Review de Debut
パラジウム触媒によるアルケンの原子効率的カルボハロゲン化反応
岡本 和紘
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

70 巻 (2012) 8 号 p. 852-853

詳細
PDFをダウンロード (1018K) 発行機関連絡先
抄録

Lautens and Tong have independently developed the unique palladium-catalyzed carbohalogenation of alkenes in both intra- and intermolecular fashions. It is quite interesting that the reaction mechanism involves the reductive elimination giving carbon-iodine bonds. This type of reactions will provide new synthetic methods of complex molecules including carbon-halogen bonds.

著者関連情報
© 2012 社団法人 有機合成化学協会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top