有機合成化学協会誌
Online ISSN : 1883-6526
Print ISSN : 0037-9980
ISSN-L : 0037-9980
フェナントレンの酸化によるジフェン酸の合成
加藤 信八郎塩田 博久
著者情報
ジャーナル フリー

1957 年 15 巻 12 号 p. 637-639

詳細
抄録

ジフェン酸はフェナントレンの酸化開環により得られ, その量的利用の面から
注目すべきものである。気相または液相の接触空気酸化は現在のところ成功していない。クロム酸酸化もかなり困難である。過酸化水素による酸化はジフェン酸の合成に最も適しているが, フェナントレンを直接ジフェン酸にまで酸化することは種々の困難を伴うので, - たんクロム酸酸化でフェナントラキノンとし, ついで過酸化水素でジフェン酸に酸化する方が製品の純度もよく, 収率もキノンに対し90~95%で高い。この二段法によればフェナントレンからジフェン酸への通算収率は約70%である。

著者関連情報
© 社団法人 有機合成化学協会
前の記事 次の記事
feedback
Top