有機合成化学協会誌
Online ISSN : 1883-6526
Print ISSN : 0037-9980
ベンザイン化学の新展開
大石 健
著者情報
ジャーナル フリー

66 巻 (2008) 1 号 p. 74-75

詳細
PDFをダウンロード (1494K) 発行機関連絡先
抄録

The addition of a nucleophile to benzyne leads to the formation of an aryl anion that can be trapped with an electrophile. This mini review focuses on the new developments of benzyne chemistry via zwitterionic species. Direct introduction of different functional groups into the aromatic skeletons is briefly described.

著者関連情報
© 社団法人 有機合成化学協会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top