日本惑星科学会誌遊星人
Online ISSN : 2423-897X
Print ISSN : 0918-273X
みんなでふたたび木星へ,そして氷衛星へ その4~電波・プラズマ波動観測器RPWIの飛翔へ~
笠羽 康正三澤 浩昭土屋 史紀笠原 禎也井町 智彦木村 智樹加藤 雄人熊本 篤志小嶋 浩嗣八木谷 聡尾崎 光紀石坂 圭吾垰 千尋三好 由純阿部 琢美Cecconi Baptiste諸岡 倫子Wahlund Jan-ErikJUICE-RPWI日本チーム
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2016 年 25 巻 3 号 p. 96-107

詳細
抄録

欧州宇宙機関(ESA)木星探査機JUICEに搭載される電波・プラズマ波動観測器RPWI(Radio Plasma Wave Instruments)は,欧州チームにとり米土星探査機カッシーニ搭載のRPWS,日本チームにとり月探査機かぐや・ジオスペース探査衛星ERG・日欧水星探査機BepiColombo搭載の電波・プラズマ波動・レーダー観測器群からの発展展開となる.木星・衛星周回軌道への初投入となる低温電子・イオンおよびDC電場観測機能,電磁場三成分のプラズマ波動観測機能,電波の方向探知・偏波観測機能,および高度オンボード処理によるパッシブ表層・地下探査レーダー機能や波動-粒子相互作用検出機能の実現により,木星磁気圏の構造・ダイナミクスおよびガリレオ衛星群との相互作用,氷衛星の大気・電離圏および氷地殻・地下海へのアクセスを狙う.2016年7月に仙台で行なった「RPWIチーム会合」での最新状況を踏まえ,1970年代に遡る本チームの経緯・目標・展望を述べる.

著者関連情報
© 2016 日本惑星科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top