日本接着学会誌
Online ISSN : 2187-4816
Print ISSN : 0916-4812
ISSN-L : 0916-4812
54 巻 , 12 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
総説
  • 村瀬 裕明, 福西 佐季子, 大内 祐輝
    2018 年 54 巻 12 号 p. 466-473
    発行日: 2018/12/01
    公開日: 2019/01/19
    ジャーナル 認証あり

    Polysilanes, which have silicon-silicon bond chain, have attracted considerable attention due to theirusefulness such as precursors for thermally stable ceramics materials, microlithography and so on. Osaka GasChemicals has found that the reduction of dichlorosilane with Mg metal in the presence of LiCl and Lewis acidwas highly useful synthetic method for polysilanes.This review deals with an applied research of polysilane, that is, the effects of polysilane-coating on theinterface of electrofusion type pipe joint(EF) and polyethylene(PE) pipes. The fusion strength greatlydepends on the amount of sand which adheres to the interface during field works, because there is no flowof melted resin at the fusion interface. It was found that a kind of polysilane on the fusion interface keptthe fusion strength even if there was some amount of sand. The reasons were examined from chemical andphysical points of view. Polysilane molecule permeated into the PE resin deeply and hence the PE resins of thepipe and EF joint are thought to be thoroughly mixed with each other. That effect was also observed in case ofpolypropylene and cycloolefin polymers.

総説
総合論文
総合論文
  • 松葉 豪
    2018 年 54 巻 12 号 p. 444-450
    発行日: 2018/12/01
    公開日: 2019/01/12
    ジャーナル 認証あり

    ポリL 乳酸とポリD 乳酸をブレンドさせて結晶化させると,α 晶よりも融点が50℃以上高いステレオコンプレックス晶が観測される。そこで,ガラス状態からの低温からの昇温プロセスおよび溶融体からの降温プロセスにおけるステレオコンプレックス晶の結晶化について議論する。さらに,流動条件下での結晶化について議論する。ガラス状態からの結晶化では170℃でα 晶が融解しステレオコンプレックス晶が成長することがわかった。そのため,溶融体からの結晶化で見られるような球晶構造は観測されず,またラメラ晶の相関である長周期が二種類観測された。一方,溶融状態からの結晶化では,非常にラメラ晶のサイズよりも大きな密度揺らぎが成長していることを示すことができた。せん断により,この密度揺らぎの成長は促進されていることから,結晶成長やモルフォロジーに大きな影響を与えていることを示した。

feedback
Top