アフリカ研究
Online ISSN : 1884-5533
Print ISSN : 0065-4140
2004 巻 , 65 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • 田中 正隆
    2004 年 2004 巻 65 号 p. 1-18
    発行日: 2004/12/22
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    南部ベナンには多様な神々を物質にして祀る信仰 (ヴォドゥン) が広がっている。ヴォドゥンとは神格化された祖霊であるが, 人々はそれを物質に置き換える。こうした神である物質を, 人々は日常品などの単なるものエヌenuと区別してヌワヌnuwanu (手を加えたもの) と説明する。こうしたもの一神は, 歴史を通じて人々が他地域から購入することで移動や混合がすすんできた。それは現在にいたるまで続いており, そうした神の流通には伝統医が深く関わっている。伝統医 (ボコノ) にとってこれは信仰活動でありつつ, 経済活動の一つでもある。本稿は伝統医の活動のうち, 薬, 呪物, 霊でもある「もの」の売買にかかわる面に着目し, 彼らの経済原理を明らかにする。近年の人類学におけるモダニティ論では, しばしば従来商品となることはなかった (個別化された) ものまでが売買される状況をさして, オカルトや過剰な自由主義経済化として解釈する。しかしアジャ社会における物質化された神は個人の要求に応えるという意味で個別的でありながら雑多な商品によって構成され, 貨幣と交換される。これらは個別性―商品性を対極におく, 物質文化論や交換論の枠組みでは理解できない。そこで本稿では伝統医の経済事情と作成儀礼, 彼らの語りを分析するなかで, 人々がむしろ作成過程と取引の持続性, 反復性を重視していることに注目した。このような取引にたずさわることはボコノにとって重要な信仰実践である。神々をめぐる取引はきわめて貨幣―商品経済的でありながら, 利潤の最大化が唯一の目的ではなく, 社会関係の構築を重視することを, 本稿は明らかにする。
  • 南谷 貴史
    2004 年 2004 巻 65 号 p. 19-35
    発行日: 2004/12/22
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    近年, 西アフリカではコメの需要が増加の一途をたどっており, 輸入米への依存度を強めている諸国が大半を占める。コートジボワールでも供給量の40%に当たる78万tを輸入に依存している。陸稲栽培に対し, 比較的高い単収が期待される灌漑稲作栽培の展開は, 内陸小低地を利用した大規模開発を中心に進展されてきたが, 基準となる栽培技術の普及や設備の維持管理等の諸問題により, 依然として生産を安定させるには至っていない。
    本稿ではコートジボワールの内陸小低地に点在する灌漑稲作地域においての現地調査を通し, 農民の行動を左右する自然的要因及び社会経済的要因の特徴を開発形態別に明らかにするとともに, 灌漑稲作を基幹作物とする農村における諸問題の解決に向け, 内発的・持続的であるかといった視点に立ち, 導入可能な適正技術を検討し, 農民参加型での事例検証を行った。
    自然資源利用型の政府主導による大規模開発地域に対し, 内発的開発形態としての農民自らの開墾地域は, 持続性・自立発展性において優位性が認められ, また, 小規模機械化に伴う農民組織化は灌漑稲作を進展させるひとつの適正技術になり得ると考えられる。
    農村社会の生活向上のためには, 農民の持つ開発能力の進展 (エンパワーメント) を図ることが重要であり, 人的資源・社会資源を再評価し, それを活用する環境を如何に整えるかが課題となる。
  • 平野 聡, 孫 暁剛, 佐藤 俊
    2004 年 2004 巻 65 号 p. 37-44
    発行日: 2004/12/22
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    現在, シャトル・レーダー・トポグラフィー・ミッション (SRTM) による全地球規模の最新地形データの公開が進められている。本研究の目的は, SRTMとその成果を簡単に紹介し, 北ケニア半乾燥地域の諸研究への応用例を提言することである。SRTMは米国航空宇宙局 (NASA) と国防総省の傘下にある国家地理空間情報局 (NGA) との共同で行われた。プロジェクトは北緯60度と南緯56度の間にある全陸地の高分解能でつなぎ目のないデジタル標高モデル (DEM) を作成することであった。米国以外の全世界で経緯度方向に3秒 (90m相当) 間隔のDEMが公開される。成果地形データの水平および高さ方向の予定誤差はそれぞれ20mと15mとなっている。2004年10月現在までに, アフリカでは大陸全体の予備データの公開が終わっており, 最終プロダクトも間もなく公開される予定である。正確で信頼性の高い最新の地形データは, 政策上, 迅速かつ適切な意思決定のためには必要不可欠である。ケニア北部に広がる半乾燥地域においては, このようなデータは現在まで入手困難であった。SRTM予備データから得られる情報をもとに評価を行った結果, この地域において基盤地図データの整備, 地理情報の視覚化, 自然環境のモデリング, 遊牧民研究といった領域でのSRTMデータの応用が提言できた。
  • 盛 恵子
    2004 年 2004 巻 65 号 p. 45-54
    発行日: 2004/12/22
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 廣瀬 桂子
    2004 年 2004 巻 65 号 p. 55
    発行日: 2004/12/22
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 2004 年 2004 巻 65 号 p. 69
    発行日: 2004年
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
feedback
Top