赤門マネジメント・レビュー
検索
OR
閲覧
検索
12 巻 , 1 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
査読つき研究ノート
経営学輪講
コンピュータ産業研究会報告
  • 松原 健二
    12 巻 (2013) 1 号 p. 69-80
    公開日: 2016/08/01
    ジャーナル フリー

    現在家庭用ゲームの市場が停滞・縮小している中で、SNS の普及に伴い、ソーシャルゲームの市場が急速に拡大している。ソーシャルゲームと家庭用ゲームの間には開発・運営の部分で違いが多々あるが、大きな違いとしてソーシャルゲームは基本プレイ無料であるという違いがある。そのような状況下でマネタイズする要素として、ユーザーをゲームに没入させ、時間のマネタイズなどをしてもらう。その手軽さや基本プレイ無料などの利点を生かし、今後ソーシャルゲームの市場はますます拡大していくであろう。

    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top