海洋理工学会誌
Online ISSN : 2188-3262
Print ISSN : 1341-2752
ISSN-L : 1341-2752
1 巻 , 2 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
原著
  • 趙 朝方, 秋山 正寿, 杉森 康宏, 賀 明霞
    1995 年 1 巻 2 号 p. 1-13
    発行日: 1995年
    公開日: 2019/02/16
    ジャーナル フリー
    1993年10月22日から1994年3月18日までに得られた駿河湾に係留したwaveriderブイのデータを用いて, 高周波数の風波スペクトルS(ω)∝ω^-pに対し, 4つの周波数範囲における波のスペクトルの解析を行った。主な結果としては, pは3.5から5.0の間に変化し, 平均値は4.08であることがわかった。この結果はLiu(1989)の湖のデータの結果及びShen(1993)の理論結果と一致した。
  • X. Zhang, Yoshihiro Okada, Noritsugu Kimura, Hajime Fukushima, 千賀 康弘, ...
    1995 年 1 巻 2 号 p. 14-25
    発行日: 1995年
    公開日: 2019/02/16
    ジャーナル フリー
    Comparison of CZCS-derived pigment concentration by standard atmospheric correction method with sea-truth data in the waters around Japan shows an underestimate by satellite to a differentdegree. In the range of pigment concentration from 0.2 to 6.0 mg/m3, the CZCSobser vation is lower than in-situ data from about 50% to a factor of 6. Assuming a constant Angstrom exponent during atmospheric correction stage has been found to account for this bias, provided that bio-optical algorithmis valid in those waters. An improved atmospheric correctionmethod which can estimate the Angstromexponent pixel by pixel has been developed based on Gordon ocean color radiance model, and has been evaluated by comparison with these in-situ data. The results demonstrate that this method can increase the accuracy of CZCS-estimated pigment con centration to the level within the system error (30-40%) of CZCS in-water algorithm.
  • 沓掛 洋志, 中田 喜三郎, 青木 繫明, 岸 道郎, 久保田 雅久, 石田 明生
    1995 年 1 巻 2 号 p. 26-48
    発行日: 1995年
    公開日: 2019/02/16
    ジャーナル フリー
    大気中に放出された二酸化炭素を海洋が吸収する能力を評価する事を目的として鉛直一次元の 移流・拡散海洋表層炭素循環モデルを構築した。モデルの要素は植物プランクトン,動物プラン クトン,バクテリア,懸濁態・溶存態の非生物態有機物(炭素,窒素,燐),栄養塩(PO,. NO,,NIL),全炭酸,アルカリ度,溶存酸素である。モデルは一定の速度の上昇流による鉛直 移流と鉛直拡散を考慮している。植物プランクトンについては光合成,枯死,細胞外分泌,呼 吸,沈降の過程を考慮した。動物プランクトンについては捕食,呼吸,死亡過程を考慮し,バク テリアについては非生物態有機物の摂取,枯死,呼吸の過程を考慮した。非生物態有機物に対し ては分解,沈降を考慮した。更に硝化過程及び二酸化炭素と溶存酸素の大気交換を考慮した。 構築したモデルを北太平洋(北緯42・東経175.地点)に適用し.NOPACCS(NorthwestPacific CarbonCyclestudy)の観測データと比較した。計算結果は,溶存酸素を除いて観測結果を再現し た。炭素の収支の推定結果によると基礎生産に使用される無機炭素の大部分は表層内での再循環 と深層からの鉛直混合による供給である。大気から供給される量は基礎生産に利用される量の数 %である。 感度解析の結果では当海域において鉛直流速は10^-6 cm^2 s^-1以下であり,鉛直拡散係数がほぼ1 cm^2 s^-1のケースが観測値を再現する事を示した。生物パラメータとbiologicalpumpの関係につい ては動物プランクトン,及びバクテリアの死亡速度の影響は殆ど無く,炭酸カルシウムの生成速 度の影響が大きい事を示した。更に現状の一次元モデルの課題点と限界について検討した。
  • 石田 明生, 中田 喜三郎, 青木 繫明, 沓掛 洋志, 岸 道郎, 久保田 雅久
    1995 年 1 巻 2 号 p. 49-62
    発行日: 1995年
    公開日: 2019/02/16
    ジャーナル フリー
    北太平洋における人間活動起源のCO2の海洋による取り込みが3次元海洋大循環モデル (GCM)を用いてシミュレートされる。海洋による取り込みを求めるために1800年から1986年 までの大気のpCO2が条件として与えられる。モデル海洋へのCO2のフラツクスは0.7 GtC・yr^-1 であり,モデルで計算した期間における取り込み量は37GtCであった。これらの結果はこれま でのモデルや観測の研究結果と矛盾しない。モデル海盆全体に蓄積されたCO2の量はモデルの条 件に依存しないが,亜寒帯域,特にベーリング海におけるCO2の分布はモデルの水温,塩分を縁 辺海において観測値に復元させる条件によって影響を受ける。GCMによって得られた2つの海 洋循環を用いてシミュレートされたCO2の分布の違いの詳細が議論される。
  • 菅野 進
    1995 年 1 巻 2 号 p. 63-79
    発行日: 1995年
    公開日: 2019/02/16
    ジャーナル フリー
    An information onocean surface wind speed in remote-sensed image is required for accurate application of atmospheric correction algorithm for ocean color remote sensor. A method for retrieval of surface wind speed with Sun glitter intensity in visible range is proposed with theaid of probability distribution of wave facet which varies with change in wind speed. The retrieval accuracy is estimated with the error in the retrieval of wind speed, water-leaving radiance and phytoplankton pigment concentration obtained by atmospheric correction using retrieval wind speed in a model atmosphere-ocean system. This method is applied to ground, vessel and air borne radiance data and the result showed the successive correlation between retrieved wind speed and observed one.
  • 諏訪 純, 杉森 康宏, 福島 甫, Pankajakshan Thadathil
    1995 年 1 巻 2 号 p. 80-98
    発行日: 1995年
    公開日: 2019/02/16
    ジャーナル フリー
    GEOSAT高度計資料に時空相関法(TSCM:Time-Space Correlation Method)を適用し,北太平 洋における東西.南北両方向の波の伝播を解析した。東西方向の伝播については,155°E以東の 海域についてはロスビー波の理論でほぼ説明ができるが,155°E以西についてはロスビー波の理 論で説明することは出来なかった。南北方向の伝播については,155°E以西については黒潮続流 が周辺海域のエネルギー源になっていることが示されたが,155°E以東についてははっきりした 伝播傾向は見られなかった。また,155°Eから170°Eの海域に見られる北向きの伝播は,実際の 伝播ではなく,西向きの位相速度が北に向かうに連れて減少することによって生じる見かけ上の 伝播である可能性が示された。TOPEX/POSEIDONなどが提供する新たな高度計資料に,時空相 関法を2次元に拡張したものを適用することにより,海洋変動場がより明確に捕えられることが 期待される。
  • 齋藤 千鶴, 渡辺 豊
    1995 年 1 巻 2 号 p. 99-103
    発行日: 1995年
    公開日: 2019/02/16
    ジャーナル フリー
    It is possible to elucidatea lot of chemical, physical and biological phenomena in the oceanby obtaining the high quality and reproducibility nutrient concentration data sets. Therefore, we need conferences to talk about calibrating and getting the common standards, replicating samples, settingup the reference stations, correcting the sample concentrations, plotting the ver tical profiles and so on. From now on, these checks for completeness of correction are necessary. After that proceeding mentioned above, we would be able to get and accumulate the excellent data sets globally.
  • 小埜 恒夫, 角皆 静男
    1995 年 1 巻 2 号 p. 104-111
    発行日: 1995年
    公開日: 2019/02/16
    ジャーナル フリー
    Some resent works in Japan on the standardization of the measurement of total carbonate (TCO2) arereviewed. Themeasurement method and thestandard areneeded to setconsistent and traceable among each labs to keep uncertainties of the data within few μmol/kg in worldwide scale. A experimental work to make a standard of total carbonate based on natural sea water is introduced. The results of the time series measurement improves that the sea water standard keeps its concentration ofTCO2 over 80 days with the variability of ± 1.4 μ mol/kg. Some ex amples of the intercalibration works in Japanese labs show that there are complex and unique systematic offsets between each lab’s data. Thus it is recommended that a consistent program of the intercalibaration study for total carbonate is needed to put forward.
feedback
Top