海洋理工学会誌
Online ISSN : 2188-3262
Print ISSN : 1341-2752
ISSN-L : 1341-2752
8 巻 , 1 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
会長挨拶
論文
  • 渡辺 正之, 門馬 大和
    2003 年 8 巻 1 号 p. 3-13
    発行日: 2003年
    公開日: 2019/02/16
    ジャーナル フリー
    Search and recovery operations for the failed H-II Rocket Flight No.8 engine were carried out in 1999 at the request of the National Space Development Agency of Japan (NASDA). The rocket was launched in November 15, 1999 and the first stage engine stopped in 4 minutes. The engine fell in the northwestern Pacific Ocean region at a water depth ofabout 3,000m. The predicted search area was limited to 3.3km width and 26km length ofbox by orbital calculation ofthe NASDA. The size ofthe main engine was about 3.4m in height, with a diameter about 1.8m. The Japan Marine Science & Technology Center (JAMSTEC) employed the latest equipment for the three search cruises and the following procedures: (1) wide area survey for the submarine topography using multi-narrow-beam echo sounder (Seabeam 2112) which was equipped on R/V ”Kairei”, (2) narrow area survey for the unique sonar contacts by side scan sonar on a 10,000m class ROV ”Kaiko” and the deep tow sonar towed at a speed of0.5 knots and a swath width of 1,000m for each side, and (3) detailed visual observation of the engine by the super-HARP camera (an ultra-sensitive color TV camera) or the 3CCD TV camera which was equipped on the deep tow camera and a 3,000m class ROV ”Dolphin-3K”. As a result, the JAMSTEC was able to locate the engine in approximately 5 weeks. Then, NASDA employed an U.S. salvage company for recovery operation that was carried out by a 6,000m class ROV ”Remora6000”and succeeded in recovering the engine from the deep seafloor within only two months after the launch. The success of the mission demonstrated the high of level technical expertise and underwater technology that JAMSTEC has cultivated over the last 30 years.
  • 荒井 修亮, 吉田 瑞紀, 坂本 亘, 光永 靖, 益田 春比古, チャルチンダ ミクミン
    2003 年 8 巻 1 号 p. 15-23
    発行日: 2003年
    公開日: 2019/02/16
    ジャーナル フリー
    Wehave challenged to adopt several micro-electronic devices for marine biotelemetry. The devices included data storage tags, ultrasonic tags and satellite platform transmitter terminals (PTTs). In this paper, we introduced brand-new devices for marine biotelemetry including a magnetic field sensor accelerometer tag (MR tag) and a visual data storage tag (CCD tag). We performed the first trials of the proto-type ofthe brand-new tags attached to adult sea turtles in Thailand and discussed feasibilities ofthe devices for biotelemetry.
  • 光永 靖, 荒井 修亮, 坂本 亘
    2003 年 8 巻 1 号 p. 25-33
    発行日: 2003年
    公開日: 2019/02/16
    ジャーナル フリー
    Continuous record of ambient water temperature and depth was obtained for a free-ranging red sea bream using a data logger in the natural sea for over 150 days. The fish (FL 43.0cm, BW 1.5kg) was releasedon 1 December, 1997 at a point in Wakasa Bay (35° 35' N, 135° 29' E) and recovered on 5 May, 1998 at a pointwhere was 15km far from the releasing point(35° 44' N, 135° 26' E). Temperature recordwasdividedintothree typicalpatternsin accordance withseasonal environmental change;decreasing temperature period from early to mid winter, low and constant temperature period from mid February to early April, and increasing temperature period from early to mid spring, respectively. Swimmingactivity increased with rising water temperature in the increasing temperature period. The critical temperature for activity to beginwas 12° C. This value wasequal to the lowerlimit of optimum temperature of red sea breams whichwas determined by respiratory trials. Risingup to 12° Cambientwatertemperature seems to switch the behaviour of red sea bream in the natural sea.
  • 中村 正一朗, Kumar S. Prasanna, 中田 喜三郎, K. Shell, R. Frouin, K. Ueyoshi, P. ...
    2003 年 8 巻 1 号 p. 35-48
    発行日: 2003年
    公開日: 2019/02/16
    ジャーナル フリー
    生きた植物プランクトンが海洋流体と熱物理学的に相互作用することについて考察した。 生命をもつ生態系と生命のいない外部環境との相互作用を表現するのに熱力学第2法則を用 いた。植物プランクトンと乱流混合層という外部環境との間で物質とエネルギーが交換され ること、また海洋乱流混合層内の物理化学的性質が定常であること、この2つの事実に基づ き、植物プランクトンと乱流混合層の相互作用が生態系と外部環境系全体のエントロピー収 支によって完全に表現できることを示した。植物プランクトンの光合成に伴う廃熱率をエン トロピー収支方程式で表現することにより、海洋現場における量子収量と太陽光吸収スペク トラムの観測データから求まる光合成のエネルギー効率が植物プランクトンの生理学(これ は現場観測にかからない)と光合成の熱力学過程(この過程の状況証拠は海洋光学的現場観 測手法で観測できる)とを結びつけることを提案する。 太陽エネルギーと物質が光合成過程を経てブドウ糖に変換され、食物連鎖の過程をたどる ことが化学反応式に表れる。この際のエネルギーと物質は海洋生態系と生命のいない地球流 体物理系の境界を通過するから、熱力学的に生態系を定義するには生態系の空間構造が必要 条件である。生態系と外部環境とのエントロピー収支を用いて海洋の乱流混合層における植 物プランクトンの光合成過程を記述し、生態系と地球流体系との熱力学的相互作用をモデル 化することができる。こうすると、生きた植物プランクトンによるエントロピー生成が海洋 における食物連鎖を構成する生態系に行き渡る自由エネルギーのほとんどを占め、生成され たエントロピーは生態系から外部環境に排出されることがわかる。 つぎに人工衛星海色データから推定された海面におけるクロロフィル量を取り入れた海洋 大循環モデル実験結果(Nakamotoetal.,2000,2001)を用いて、生命活動を行う植物プラン クトンが海洋乱流混合層に物理的変化を引き起こすことを示した。赤道海域の乱流混合層は 回転する地球流体力学定な相互作用を受けやすいために、植物プランクトンは太陽放射エネ ルギーの鉛直方向の透過率に影響を及ぼし、亜表層で海水の密度を変化させ、地衡流を誘起 する。海洋生態系の素過程全体についての生理学的なパラメータ全てを観測しつくすことは できないが、海洋乱流混合層の運動学的時間スケールよりも充分に長い期間採集した乱流混 合層内の熱物理学的パラメータには海洋生態系と海洋物理系の相互作用を検出できるシグナ ルが含まれている。
feedback
Top