The Japanese Journal of Antibiotics
Online ISSN : 2186-5477
Print ISSN : 0368-2781
ISSN-L : 0368-2781
74 巻, 3 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
総説
  • 山口 英世
    2021 年 74 巻 3 号 p. 181-201
    発行日: 2021/09/25
    公開日: 2024/06/13
    ジャーナル フリー

    爪真菌症は,爪(とくに爪甲と爪床)に頻発する真菌感染症である。指爪とくらべて足爪は伸長速度が遅いので,はるかに高い頻度で罹患する。

    爪真菌症はすべての皮膚真菌症の3分の1を,また爪疾患全体の約半分を,おのおの占める。諸外国と同様に,我が国における爪真菌症の有病率は全人口の約10%と推定される。皮膚糸状菌(白癬菌)が爪真菌症の最多原因菌であり,なかでもTrichophyton 属の2菌種,T. rubrum T. mentagrophytes による症例が90%以上にのぼる。それよりはるかに頻度は低いが,酵母(主としてCandida albicans)およびさまざまな非白癬菌性糸状菌(Aspergillus spp., Fusarium spp., Scopulariopsis brevicaulis など)に起因する症例も見られる。現在,爪真菌症は次の5つの主要な臨床的病型に分けられる。(i)遠位側縁部爪甲下爪真菌症(本症の最多病型),(ii)表在性白色爪真菌症,(iii)近位爪甲下爪真菌症,(iv)全層性爪真菌症,(v)全異栄養性爪真菌症。高齢,遺伝的素因,糖尿病,末梢血管疾患,免疫不全など多くの因子が爪真菌症の発症リスクを高める。本症は,爪甲の変色,肥厚,歪曲,不規則な表面変化,角質増殖などによって爪の外観を醜くする。そうした美容上の問題に加えて,爪真菌症はしばしば痛みや不快感を伴い,身体活動や職業的活動を制約し,QOLを低下させる。さらに治療せずに放置すれば蜂巣織炎や二次的細菌感染といった重い続発性が起こりうる。このような有病者自身の健康問題にとどまらず,爪真菌症は社会的問題でもある。病爪が感染源となって他の多くの人に伝播し,公共施設などを汚染するからである。したがって,医学のみならず社会的および心理的視点からも爪真菌症の徹底したマネジメントが必要となり,そのためには爪真菌症の医真菌学的および臨床的特徴についての十分な知識と理解が不可欠である。

症例報告
研究報告
  • Yuki Asai, Takanori Yamamoto, Yasuharu Abe
    2021 年 74 巻 3 号 p. 218-226
    発行日: 2021/09/25
    公開日: 2024/06/13
    ジャーナル フリー

    Although infrequent, drug-induced agranulocytosis can be caused by antibiotics. Here, we analyzed the Japanese Adverse Drug Event Report (JADER) database to identify profiles of antibiotic-induced agranulocytosis.

    We analyzed reports of agranulocytosis from April 2004 to January 2021 from the JADER database. The reporting odds ratio and 95% confidence interval were used to detect agranulocytosis signals. We evaluated the time-to-onset profile and hazard type using the Weibull shape parameter.

    Ten out of 60 antibiotics showed signals for agranulocytosis; the reporting odds ratios (95% confidence intervals) for ampicillin/sulbactam, amikacin, cefmetazole, cefozopran, clindamycin, ciprofloxacin, imipenem/cilastatin, kanamycin, teicoplanin, and vancomycin were 2.65 (1.79–3.80), 2.94 (1.91–4.34), 4.48 (2.27– 6.92), 2.77 (1.88–3.95), 1.64 (1.04–2.47), 2.01 (1.40–2.82), 2.78 (2.11–3.60), 6.05 (2.16–13.7), 2.05 (1.31–3.07), and 3.54 (2.73–4.54), respectively. The median times- to-onset of agranulocytosis for ampicillin/sulbactam, cefmetazole, cefozopran, clindamycin, imipenem/cilastatin, kanamycin, teicoplanin, and vancomycin were 20, 6, 10, 16, 12, 3, 18, and 13 days, respectively. The 95% confidence intervals of the Weibull shape parameter β for these antibiotics were over and excluded 1, indicating that the antibiotics were the wear out failure type.

    We identified 10 antibiotics that may be associated with high risk of agranulocytosis, suggesting that absolute neutrophil counts in patients taking these drugs should be monitored carefully in the clinical setting.

feedback
Top