アレルギー
Online ISSN : 1347-7935
Print ISSN : 0021-4884
検索
OR
閲覧
検索
30 巻 , 3 号
選択された号の論文の13件中1~13を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 原稿種別: 表紙
    30 巻 (1981) 3 号 p. Cover15-
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
  • 原稿種別: 表紙
    30 巻 (1981) 3 号 p. Cover16-
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
  • 原稿種別: 文献目録等
    30 巻 (1981) 3 号 p. Misc6-
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
  • 永倉 俊和, 石川 美英子, 飯倉 洋治
    原稿種別: 本文
    30 巻 (1981) 3 号 p. 117-123
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
    小児気管支喘息児の気道過敏性を検討するために, 8才から18才までの気管支喘息児191名(重症41名, 中等症42名, 軽症108名)および正常児10名について, Ach吸入テスト, 運動負荷テスト, 血清IgE値, 末梢血中好酸球数の測定を行った。なお, 軽症群をさらに, 1年間に1回以上発作がみられた群, 1年間無発作群, 2年間無発作群, 3年間以上無発作群に分けて検討を行った。1) 喘息が軽症化し, さらに無発作期間が長くなるにつれて気道の過敏性は低下する。しかし, 数年間無発作であっても以前重症であった場合は気道の過敏性は残在する傾向がみられた。2) 喘息が重症化し, またAch閾値が低下する程EIAは起こりやすい傾向がみられた。3) 血清IgE値および末梢血中好酸球数は, 喘息児群は正常児群より高値であったが, 喘息重症度, Ach閾値とは一定の関係はみられなかった。
    抄録全体を表示
  • 池澤 善朗, 北村 和子, 村上 淳子, 長岡 英和, 永井 隆吉
    原稿種別: 本文
    30 巻 (1981) 3 号 p. 124-137
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
    モルモットの実験的 penicillin 疹および cephalosporin 疹において, 微量全血法による薬剤添加リンパ球幼若化試験(LTT)を検討した。1) 薬剤添加 LTT の成績は, 同じ薬剤による局所皮膚反応, 抗ハプテン抗体価および generalized rash (GR) と比較すると, 遅延局所皮膚反応に相関する傾向がみられた。特に, 硬結を伴う古典的 DTH が誘導された場合には, 安定した高い LTT の成績が得られた。しかも, 感作1週間前に大量の薬剤を全身的に投与すると, 硬結反応は消失し, LTT も著名に抑制された。2) LTT における薬剤間の交叉反応性およびハプテン・担体特異性の成績は, 遅延型局所皮膚反応の成績と若干異なる点がみられ, 両者の抗原シグナルには若干の相違があるように思われた。3) ABPC は, non-specific な mitogenetic activity を有することが示され, この ABPC 添加 LTT は, 原因薬剤による LTT に相関した。また, このABPC 添加 LTT は, ほかの薬剤による LTT と異なり, GR の誘発によってほとんど抑制されなかった。
    抄録全体を表示
  • 宮地 純樹, 秋山 一男, 宮本 昭正
    原稿種別: 本文
    30 巻 (1981) 3 号 p. 138-143
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
    静岡県下の養蜂関係者78名につき, 蜂アレルギーについての問診, アレルゲン皮膚テスト, 血清抗蜂毒抗体測定を行い, さらに1年-1年5カ月の追跡調査を行った。78名中全身反応(1-2匹の蜜蜂に刺されたあと全身皮疹・呼吸困難・腹部症状・意識障害など)を経験した者が10名あり, 過去3年以内に全身反応を経験した者ではそれ以後の者と比べ蜜蜂毒による皮膚テスト・血清RASTの陽性率が有意に高かった。血清抗蜂毒 IgG 抗体は, 症状の有無とは関係なく過去1年間の蜂刺回数の多い程抗体価の高い傾向があった。抗蜂毒 IgA, IgM 抗体は被験者の血清中に検出されなかった。追跡期間中に全身反応をおこした者が2名あり, これらはいずれも調査以前に全身反応の既往ある者で, 調査時皮膚テストはいずれも陽性であった。
    抄録全体を表示
  • 黒沢 元博, 根本 俊和, 笛木 隆三, 小林 節雄, 山田 衛
    原稿種別: 本文
    30 巻 (1981) 3 号 p. 144-150
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
    気管支喘息者を投与薬剤の種類および投与量により4群に分類し, 塩酸トリメトキノール負荷時の血中インスリン値を健常者と比較し, 以下の結果を得た。1. DSCG 間歇投与群における塩酸トリメトキノール 0.1mg 負荷による最大インスリン分泌量は, 健常者との間に有意差は認められなかった。β刺激剤継続投与群およびβ刺激剤, ステロイド剤継続併用投与群の最大分泌量は健常者群に比し有意に減少していたが, ステロイド剤併用投与群の最大分泌量はβ刺激剤単独投与群に比し有意に増加していた。2. 塩酸トリメトキノール 0.05mg 負荷でも 0.1mg 負荷と同様の結果が得られた。3. 喘息発作時で, 平素と同量の薬剤が投与されていた際の最大分泌量は, 非発作時に比し有意に減少していた。以上より, β刺激剤の継続投与によりβ受容体への影響が示唆されるが, 気管支喘息の発症因子として β-adrenergic blockade の存在も十分考慮されるべきである。
    抄録全体を表示
  • 黒沢 元博, 根本 俊和, 田中 哲治, 笛木 隆三, 小林 節雄, 柳原 行義, 信太 隆夫
    原稿種別: 本文
    30 巻 (1981) 3 号 p. 151-159
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
    こんにゃく喘息患者の末梢白血球に舞粉抗原を60分間作用させ, ヒスタミン遊離量を測定し, 臨床検査成績との関連性について検討し, 以下の結果を得た。1. ヒスタミン遊離量は抗原濃度に依存し, 1μg/ml の際に最大の遊離が認められた。また, 5単位 heparin を含む 0.02M EDTA および2倍希釈の患者血清との pre-incubation によりヒスタミン遊離量は増加した。2. 最大ヒスタミン遊離量は RAST 値および皮内反応閾値と危険率 0.1% 以下の高い相関を示したが, 総 IgE および IgG 値との間には相関は認められなかった。3. ヒスタミン遊離は10^-3M theophylline により最も強く抑制された。以上より, こんにゃく喘息の病態生理解明に際し, 末梢白血球よりのヒスタミン遊離試験は有用な手段の1つと考えられた。
    抄録全体を表示
  • 引田 亨, 星野 映治, 浅川 知子, 宮城 茂, 渡辺 章, 中谷 [シゲル], 原田 義道
    原稿種別: 本文
    30 巻 (1981) 3 号 p. 160-167
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
    入院中の非喘息患者(対照)8例, 気管支喘息患者15例(ステロイド治療中7例, 非治療中8例), 健常人2例について血清 DBH 活性とコルチゾールの日内変動を検討した。喘息患者15例中13例は自覚的, 他覚的に無症状であった。対照, 無症状喘息患者とも DBH 活性の変動はわずかであったが, 1日の変動を平均値でみると日中高値, 夜間低値の傾向がみられ, 喘息患者ではその差は有意であった(p<0.01).健常人2例では立位活動中高く, 臥床, 就眠により低下した。コルチゾールは対照, ステロイド非治療中の喘息患者, 健常人とも早期高値, 夜間低値の明瞭な日内リズムを示した。DBH 活性の変動はコルチゾールにみられる内因的な変動と異なり, 日中の立位活動, 夜間臥床に関連した交感神経活動の変化に対応したものと考えられる。2例の喘息患者では喘息症状と DBH 活性低下の間に関連がみられ, 喘息症状発現に交感神経機能低下が関与している可能性が示唆された。
    抄録全体を表示
  • 原稿種別: 付録等
    30 巻 (1981) 3 号 p. 169-170
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
  • 原稿種別: 付録等
    30 巻 (1981) 3 号 p. 171-
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
  • 原稿種別: 付録等
    30 巻 (1981) 3 号 p. 173-176
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
  • 原稿種別: 表紙
    30 巻 (1981) 3 号 p. Cover17-
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top