アレルギー
検索
OR
閲覧
検索
64 巻 , 6 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
専門医のためのアレルギー学講座 ―第18回 免疫療法
  • 永田 真
    64 巻 (2015) 6 号 p. 781-786
    公開日: 2015/10/31
    ジャーナル フリー
  • 藤澤 隆夫
    64 巻 (2015) 6 号 p. 787-794
    公開日: 2015/10/31
    ジャーナル フリー
    小児は成人よりも免疫学的可塑性が高いと想定されるため,アレルゲン免疫療法が成人よりも高い有効性を示すだけでなく,かつ真に疾患を治癒に導くポテンシャルも高いと期待される.しかし,現在までの報告では,システマティックレビューにおいてもその臨床効果は成人と同等で,報告数が少ないためにかえって低めの効果とされることもある.しかし,アレルギー性鼻炎患者における喘息発症の予防,新規アレルゲン感作の予防についての有効性は報告が増えている.これらは小児期におけるアレルギーマーチの進展阻止の可能性を示すものであるが,研究対象は主に学童期以上であり,真にアレルギーマーチの予防またはより高い効果をもたらすためには,さらに早期,すなわち乳幼児期で介入する必要があるが,現行の方法では安全性と侵襲性の点から困難と言わざるを得ない.新しい「アレルギーワクチン」の開発が望まれる.
    抄録全体を表示
ガイドラインのワンポイント解説
綜説
症例報告
アレルギー用語解説シリーズ
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top