アレルギー
Online ISSN : 1347-7935
Print ISSN : 0021-4884
ISSN-L : 0021-4884
70 巻 , 2 号
選択された号の論文の13件中1~13を表示しています
専門医のためのアレルギー学講座 41.薬剤アレルギー
ガイドラインのワンポイント解説
綜説
原著
  • 德永 郁香, 佐藤 さくら, 柳田 紀之, 高橋 亨平, 杉崎 千鶴子, 海老澤 元宏
    2021 年 70 巻 2 号 p. 118-126
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/03/11
    ジャーナル 認証あり

    【目的】食物アレルギー患者における容器包装された加工食品ならびに飲食店での誤食状況とその原因を明らかにする.

    【方法】2016年1,2月に食物経口負荷試験を目的に相模原病院小児科へ入院した児の保護者を対象に,食物アレルギーの状況や過去1年間の容器包装された加工食品と飲食店での誤食状況,アレルギー表示の認知度についてアンケート調査を行った.

    【結果】442名にアンケートを配布し,回答を得た252名のうち有効回答数は226名であった.そのうち24%が容器包装された加工食品で,12%が飲食店での誤食を1年以内に経験し,原因の約7割がアレルギー表示の見落としや確認不足であった.加工食品にアレルギー表示義務があることへの認知度は85%,外食・店頭販売に表示義務がないことへの認知度は39%であった.

    【結語】食物アレルギー患者において加工食品や飲食店での誤食は身近に起こりやすく,誤食防止の取り組みとして,アレルギー表示確認の徹底や,外食・店頭販売を利用する際の具体的な注意点の指導などが重要であると考えられた.

症例報告
  • 青栁 慧, 岡安 香, 佐野 春実, 朝尾 菜津美, 秦 康貴, 石川 利寿, 今瀨 玲菜, 本田 樹里, 河﨑 勉, 渡邉 直人, 中村 ...
    2021 年 70 巻 2 号 p. 127-131
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/03/11
    ジャーナル 認証あり

    症例は52歳女性.X年7月頃より倦怠感,労作時呼吸困難を自覚し,徐々に症状が増悪した.8月下旬に近医で対症療法を行うも症状の改善なく,9月下旬に当院を受診した.胸部単純X線写真で両全肺野にびまん性粒状影,胸部CTで両側びまん性の小葉中心性粒状影を認めた.問診で15年前から自宅でインコを室内で放し飼いしていることが判明し,鳥関連過敏性肺炎を疑った.自宅環境調査ではインコが一室の飼育部屋に40羽放し飼いされており,床にはインコの排泄物,羽が大量に付着していた.血清抗PDE IgG,IgA抗体及び環境誘発試験が陽性であり,気管支鏡検査で気管支肺胞洗浄液中のリンパ球増多とCD4/8比の低下を認めた.さらに経気管支肺生検で肺胞壁から小葉間結合織,胸膜下に強いリンパ球浸潤を認め,急性鳥関連過敏性肺炎と診断し,抗原回避で改善した.

    鳥関連過敏性肺炎は慢性過敏性肺炎の潜在発症型をとる場合が多く,本症例もインコ飼育歴から慢性発症が予想されたが,急性発症型の診断となった.掃除換気不足で曝露される抗原量が増加し,急性発症型として発症したと考えられた.

Letters to the Editor
アレルギー用語解説シリーズ
feedback
Top